更新履歴
インフルエンザウイルス

大人がインフルエンザに感染した場合の症状としてまず特徴的なのは高熱です。
子供や高齢者だと風邪を引いてしまった時でも比較的高い熱が出ますが、まだ高齢者に分類されない年齢層の大人であれば免疫力がしっかり機能していることが多いため一般的な風邪で38度以上の熱が出ることはあまりありません。
もし熱が39度前後以上となっており、インフルエンザの流行シーズンである12~3月ごろにそうした症状が出た場合にはインフルエンザを疑うことができます。
加えて高熱以外の症状として頭痛や筋肉痛、関節痛といったものや重度の倦怠感と悪寒も挙げられます。
よって38度以上の熱が出ていて頭痛がし、体の節々が痛く動くとだるいといったような症状が出ているのならば発症から12時間後を目安として病院に行って検査を受けるべきとなります。
インフルエンザB型の場合はこれらの症状に加えて腹痛や下痢といった消化器系症状が出ることもありますから、もし消化器系の症状が出ているということであればインフルエンザB型をピンポイントに疑うことが出来るでしょう。
ちなみに症状が継続するのはおおよその場合4日前後となっていますから、もともと免疫力が弱る理由が無い大人であれば約1週間ほど仕事を休んで安静にしていれば完治が見込めます。
ただ症状が強く出ている場合には日常生活が困難になることも多いため、少しでも辛いと感じたのであれば症状を少しでも軽く出来るようにインフルエンザ治療薬を処方してもらうことを検討するべきでしょう。
また解熱から2日間はまだインフルエンザが他人に感染するリスクがある状態です。
そのため熱が下がったからといってすぐに健康になったと考えるのではなく、熱が下がってから2日間はまだ自宅で静養するようにしてください。

アーカイブ
サイト内検索